ファイターエンジニアリング

スズキの軽のエンジン修理、オーバーホール、リビルトエンジン製作販売通販、載せ替え、修理、重整備、チュ-ニング、現車合セッティング等全国のお客様にご利用戴いております(陸送OK!代車無料!)カ-パ-ツ全国販売も!ご不安な事やご質問はコチラからお気軽にお問合下さい

商品カテゴリ

コンテンツ

車種から選ぶ

■一般のお客様はもちろん、業者様からのお問合せも大歓迎です!FAXをご送信下さい!

携帯ページ

Fighter engineeringの携帯サイトはこちらから
HOME»  【重要】エンジンを良い状態に保ち、長持ちさせるためには F6A・K6A

■【重要】愛車のエンジンを良い状態に保ち、長持ちさせるためには■

■20190412■【重要】エンジンを良い状態に保ち、長持ちさせるためには
F6A・K6A
 
    ※エンジンオイルは重要です。これらの管理は、ご自身の責任においてご注意下さい
       
    
■ リビルトタービンや、中古タービンのお取り扱いは十分にご注意下さい。
       
これらから出た鉄粉・破片等、異物がエンジンに入ると、内部を損傷し
         エンジンが壊れます。 
    
    ■ 必ず、慣らし運転(別紙をご覧下さい。)をして下さい。慣らし運転をしない場合、
        エンジンが壊れる事がございます。
慣らし運転期間は、部品同士を

        馴染ませ、生まれ変わったエンジンをより丈夫で調子の良いエンジンに
         育てるための大切な期間です。この間は、エンジンを大切にお育て下さい。
    
    ■ サイレンサー使用しないで下さい。マフラーのテールエンドに取り付けしますと、
        排気圧力が高くなり過ぎ、エンジン故障の原因となります。

    
    ■
 F6Aシングルカムエンジンの場合、慣らし運転後、整備工場様等での、
        タペットクリアランスの調整をされる事をお勧めします。


    ■ ブーストアップ、スポーツタービン取付車で、過給圧0.8を超える場合ハイオク仕様車
       
は、必ず、ハイオクガソリンのみをご使用下さい。
        レギュラーガソリンを使用すると、異常燃焼し、エンジンが壊れます。ご注意下さい。

    
    ■
 ブーストアップする場合は必ず、サブコンピューター等を使用し、適切に燃料噴射量を補正
       すること(その時のお車個体ごとの状態や、取付部品に合わせた、燃料噴射量の調整)が
        必要です。これが不適切な場合、エンジンが壊れるます。

    
    ■
 オイルキャッチタンク取付車輌エンジン取付前に必ずオイルキャッチタンクの
        清掃を行って下さい。エンジン取付後も、まめな清掃が必要です。
         清掃が不十分だった場合、トラブルの原因になります。


    ■ エアエレメントの交換・清掃各メーカーの指示に従い必ず行って下さい。

    ■ エンジン内部の保護のためには、エンジンオイルの粘度は、「高め」の方が良いです。

    ■ 質の悪い物や低粘度のオイルは、エンジンを傷め、その寿命を縮めることがあります。
        オイルは、販売価格が高い物なら必ずしも高品質と言う訳ではありません。
         品質の良い物をお使い下さい。


    ■ ターボ車には、ターボ車専用のオイルを、必ずお使い下さい。

    ■ 低粘度のオイルを使うと、エンジン内部のピストンリング等、接触面の磨耗が早まり、
        エンジンの寿命が縮まります

    ■ エンジンオイルはエンジンの使用状態や、走行状況、タービンの状況等により自然
        と減っていきますし、これらによりオイル消費が増える事例も多く見られますので、
         オイル、冷却水 等、こまめな残量確認と補充をお願い致します。

    ■ エンジンオイルや冷却水の不足は、エンジンの破壊を招きますラジエターホース、
        ヒーターホース、ウオーターポンプベルト等の状態にもご注意下さい。

    ■ 交換に行く時間が無い場合は、応急処置として、残量確認と補充をお願い致します。

    ■ オイルの分量は、オイルレベルゲージの下の印ではなく、上側の印の位置での管理を
        お願い致します。

    ■ 車輌により、3000~5000km走行で、1~2リットルのオイルが減る事
        がありますのでご注意下さい。

    ■ また、オイルレベルゲージによる分量確認の仕方ですが、地面が水平な所で行って
        戴きゲージは必ず2度、引き抜いてご確認下さい1度目引き抜いたゲ-ジに
         付着したオイルを綺麗に拭き取って戴き、2度目は再度、奥まで挿し込んで
          戴いてから、引き抜いた状態で、オイルの分量をご確認下さい。

    ■ ターボ車の場合のオイル交換時期は1万km走行の間に3回、とお考え戴き、
        3300km6600km1万km走行時、と交換して下さい。
         この様にして戴くと覚え易いため、次回の交換距離が分かり易いです。
 
    
         ※ 一般的な走行のみ、と言う方にお勧めの、低価格で入手し易い物の中では、それなりに

         良いと思われるエンジンオイルは、ジャンボエンチョ-やドンキホ-テ、ネット
           等で、4L入1缶2,980円程の「カストロール エッジ RS 10W-50」

              ( Castrol EDGE RS 10W-50 )です。

      但し、サーキットや峠道等、スポーツ走行される方や、スポーツタービン取付車、
        100馬力以上のお車の場合は、高品質オイルをお使い下さい。

      (推奨)100馬力以上…TOTAL QUARTZ RACING 10W-60(ペール缶入がお買得です)
           150馬力以上…オメガVR 5W-50 モチュール300V 20W-60
                                             TOTAL QUARTZ RACING10W-60 


     普段のオイル交換につきましては、カー用品店等、オイル持込でも安い手数料で受け
     てくれる店舗もありますので、事前に、最寄店や旅先の店舗等にお問い合わせ下さい。