ファイターエンジニアリング

スズキの軽のエンジン修理、オーバーホール、リビルトエンジン製作販売通販、載せ替え、修理、重整備、チュ-ニング、現車合セッティング等全国のお客様にご利用戴いております(陸送OK!代車無料!)カ-パ-ツ全国販売も!ご不安な事やご質問はコチラからお気軽にお問合下さい

商品カテゴリ

コンテンツ

車種から選ぶ

携帯ページ

Fighter engineeringの携帯サイトはこちらから
HOME»  F6A・K6Aリビルトエンジンについて

  F6Aシングルカム・F6Aツインカム・K6A

リビルトエンジンについて

弊社リビルトエンジンには、「重要書類」と書かれた封筒に入った書類が同梱されています。
恐れ入りますが、ご使用前には必ず、全てお読み戴きますよう、お願い申し上げます。

ご注意】

■エンジン点火時機の調整が必要です。

オイルは入って
おりません。
   このため、
始動前に必ずオイルを入れ、プラグを外し、2~3分間、セルモーターでエンジン
     をクランキングし、オイルが各部に行き渡った事を確認した後で、エンジンをご始動下さい。
  ※ターボ車には必ず、ターボ車用のオイルをお使い下さい。

ラジエーターホース、ヒーターホース、ウオーターポンプベルト等の状態もご注意下さい。

ブーストアップする場合は、サブコンピューター等を使用しての適切な燃料噴射量補正が必要です。
   これをしない場合、エンジンブローします。ご注意下さい。
  
      

~保証について~

(1) 保証期間・・・保証に関する文書発行より3ケ月。

(2) 保証対象・・・エンジン本体のみ。


(3) 本製品が使用できないことによる損失(牽引、代車、休業、通信、レンタカー、交通、宿泊、慰謝料、
    駐車場代等付帯経費等)、作業工賃及びオイル、クーラント等消耗品、補機類にかかる代金は
     負担致しません。 

(4) 下記に該当する場合は保証の対象外とします。 
 ・ 取付・取扱・運転等のミス、改造、競技活動等で生じたと思われる故障
 ・ 弊社承諾無く下取りエンジンの返送が無い場合
 ・ 弊社への連絡・承諾なく分解、修理、改造、部品交換等された場合
 ・ 報告が遅れた事により発生した二次トラブル
 ・ エンジン付属品(補機類)等、本製品以外に原因のある不具合、故障
 ・ 法令整備や定期的手入(オイル、水の管理、清掃等)怠った商品及び故障
 ・ オイル、水、燃料等の不良、不足、漏れ等により生じたと思われる故障
 ・ 改造等、又は変更等により生じたと思われる故障
 ・ ブ-ストアップ車・スポーツタービン取付車・ブ-ストコントロ-ラ-取付車等
   改造車、現状渡し車輌、譲渡・転売した場合、中古品の場合
 ・ 酷使・過失・故意・整備不良・改造により発生したと思われる故障
 ・ 通常の使用損耗・消耗、あるいは経年変化による劣化・退色・異音等
 ・ 外的要因、天災、火災、自然災害、冠水、盗難、事故等による故障
 ・ 品質・機能上支障が無い事が一般的に認められている感覚的現象等
   (振動、音、操作フィ-リング、オイルにじみ等)
 ・ 必要事項記載のある保証書と、故障した現物の提示・返却が無い場合
 ・ 慣らし運転を行わなかった商品  ・ 字句が書き換えられた物

上記で保証対象の品が対象期間中、競技等特殊な使用状態又は、その他異常な使用状態を
  除き、正常な使用状態で故障した場合、弊社にて現品を分解・点検し、弊社の責任と判断
    した場合は、上記内容により代替品とお取替えし、その運賃を負担致します。

■ 改造車は、保証対象外です。
■ ターボ車には必ず、ターボ車専用エンジンオイルをお使い下さい。
■ ブーストアップ車、スポーツタービン取付車で過給圧0.8を超える場合や、
    ハイオク仕様車は、必ず、ハイオクガソリンのみを、お使い下さい。
      (上記仕様でレギュラーガソリンを使用すれば、エンジン不調となり壊れます。)

■ ブーストアップする場合は、サブコンピューター等を使用し、燃料噴射量を適切に補正
    することが必要です。これをしない場合、エンジンブローします。ご注意下さい。


  ご質問等、ございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

 
■■■慣らし運転について■■■

★ エンジンは精密機械です。使用開始時は、以下注意事項をお守り戴き、必ず、下記
    
慣らし運転を行って下さい。(特に、ブーストアップ車輌)
     
 
 ※これを行わない場合、エンジンが壊れる可能性があります。
      
 (内部を見ると、壊れた原因が分かります。)
  
  ◎慣らし運転は、部品同士を丁度良く馴染ませ、より丈夫で、より調子の良いエンジンに
     するための、重要な作業です。

   慣らし運転を行わなかった場合、修理は有料(保証対象外)となります。
   慣らし運転の期間中は、エンジンを大切にお育て下さい。

 
 ■3千km走行する迄は (※但し、ブーストアップで64馬力を超えている場合は5千km
   走行する迄は)エンジン回転数は許容範囲の2/3以下(5千回転未満)で走行し、
    負担のかからない範囲で、回転数と速度を変えて下さい。
     (一定過ぎないよう、通勤時の様な加速・減速・エンジンブレ-キも必要です。)
・重量物の牽引等、エンジンに大きな負担のかかる運転は避けて下さい。
・5速でのアクセル全開はお止め下さい。時速120km以上は出さないで下さい。

  「最高速チャレンジ」 は、1万km走行するまではしないで下さい。
    (◆ジムニ-の内、JA11、JA12の場合は、時速100km以上は厳禁です。)
・最初の1千kmを走行したら、オイルとエレメントを交換して下さい。
・さらに2千km走行したら、再度オイルとエレメントを交換し、エンジン回転数をじょじょに

  高回転域まで上げて下さい。
   エンジンオイル交換は、これ以降3千km走行ごと、エレメント交換は6千km走行ごと
    に行って下さい。
・合計走行1万㎞未満では、時速140㎞以下(◆JA11とJA12ジムニ-は時速100km未満で。

  この他のジムニーは時速120㎞以下で)でご走行下さい。
  ◆JA11とJA12ジムニ-は、走行1万㎞を超えても時速100㎞未満での走行をお勧めします。
・改造車の場合で、5速全開走行する為には、必ず、適切な燃料補正が必要です。

 
※弊社K6A・F6エンジンは、仕様書記載新品部品を使用しピストンとシリンダーのクリアランスが
   新車時と同じ3/100㎜と、高精度な組付を致しております。

 それらは自然に「アタリ」がつき、丁度良い具合に摩耗するまでは、フリクションロスが大きく、
   異常摩耗、損傷等が発生しやすい為、より楽しく、より丈夫なエンジンに
する為には、
    必ず上記の慣らし運転の実施をお願い致します。
  (この為、お客様によりましては
1万㎞程走行し、適度な「アタリ」が付くまでは、以前よりも
   「重い」と感じられる場合がございます。)

 
(F6Aシングルカムエンジンの場合、慣らし運転後、整備工場様等でタペットクリアランスの調整を
  される事をお勧めします。)

 
◆下取り(コア)エンジンご返送のお願い◆

弊社エンジンのご購入には、下取り(コア)として、同型のエンジンご返送が必要です。
お届けから
1ケ月以内に、お取り外し戴いた下取りエンジンのオイルと水を完全に抜いて戴き、
到着時と同様に梱包して戴き、弊社着払いにてご返送下さい

(下取りエンジンご返送用の、弊社着払い送り状を同梱致します。)
※連絡無く1ケ月を過ぎた場合は、違約金5万円を戴きます。


以上、どうぞ宜しくお願い申し上げます。